血糖値を下げるインスリンを多く分泌させるためには

高血糖で悩んでいる人は多いと思います。

 

気をつけないと、糖尿病など、のちのち大きな病気につながる危険性があるのが
高血糖ですね。

 

実はインスリンには血糖値を下げるの働きをするがあります。

 

このインスリンを増やすためのエサになるのは腸内細菌「バクテロイデス」です。

 

腸内細菌は今、とても注目されていますね。

 

 

このように腸内のバクテロイデスを増やして体内でインスリンが多く分泌され、
インスリン注射を受けずに済むようになった糖尿病の方もいるという事です。

 

腸内細菌バクテロイデスを増やすには?

 

インスリンのエサになるバクテロイデスは「イヌリン」をエサにして増えるそうです。
このイヌリンはゴボウやニンジン、ジャガイモなどの根菜類に含まれているのですが、
このイヌリンが含まれているのがユーグレナファームの緑汁です。

 

 

 

そのほか、ユーグレナに含まれている代表的な栄養素「パラミロン」には
体内の有害物質、毒素を体外に排出するデトックス効果もあり、
血液をサラサラにする効果もあります。

 

 

 

身近に潜む、血糖値上昇の危険因子とは

 

■糖尿病の危険因子は現代生活と隣り合わせ

 

糖尿病予備軍を増やし、糖尿病を発症させる血糖値の上昇。その危険因子は一体どこに潜んでいるのでしょうか。
その分析を進めていくと、どれも現代生活には切っても切り離せないものばかりであることがわかります。
現代生活そのものが糖尿病を引き寄せる吸引力そのもの、と言っては言い過ぎでしょうか。
それらの危険因子を列挙してみましょう。まず遺伝要因があります。
しかしこれを除けばあとは現代生活の典型的習慣そのものです。
過食、肥満、運動不足、アルコールの摂取し過ぎ、ストレス、加齢、薬物の影響等々です。
女性ではこれに加えて妊娠も発症のきっかけとなり得ます。
誰しも思い当たるものはありそうです。順を追って見て行くことにしましょう。

 

■誰もが抱える危険、遺伝、過食、ストレス、運動不足

 

遺伝要因から見ましょう。
近親者に糖尿病患者のいる方は、糖尿病予備軍になりやすい、と言われています。
インスリンの働きが十分でなく、血糖値の上がりやすい体質を受け継いでいる可能性が高いとされています。
遺伝は仕方がない、克服できるものではない、と思われるかも知れませんが、実はそうではありません。
両親が糖尿病であったとしても、過食、肥満を遠ざける健康生活を営んでいれば、糖尿病の発症は十分防ぐことができます。
つまり遺伝という危険因子は乗り越えることができるのです。
次は肥満です。
過食と運動不足が重なれば、誰でも肥満になるでしょう。
これまでの幾多の調査から明らかになっていることですが、肥満体の人の糖尿病リスクは、適正体重の人の3〜4倍にも及んでいます。
飲酒はどうでしょうか。
アルコールには食欲増進の効果があり、これは脂肪分や塩分の過剰摂取につながります。
また飲み過ぎると肝機能を低下させ、生活習慣が乱れる原因となります。
飲み過ぎは糖尿病の発症に至る、導火線付きの爆弾なのです。
最後にストレスです。
不規則な生活や過労を起因とするストレス、これも糖尿病の大敵です。
ある研究レポートでは、ストレスを受けたとたん、血糖値が大きく上昇する、と報告されています。

食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足、ストレス。
現代生活は糖尿病の危険因子と隣り合わせなのです。

 

血糖値を上げないためには早めの対策が必要

 

高血糖はいろいろな病気の原因でもある事がわかります。
日ごろからの予防が大切になりますね。

 

健康のためにも毎日のミドリムシをおすすめします。

 

 

>>おすすめのミドリムシサプリランキング<<