ミドリムシには注目のDHAやEPAが豊富

ミドリムシが他の食品と大きく異なるところは、
植物の栄養素だけではなく動物の栄養素を有している点です。
ビタミン豊富な食品としてはモロヘイヤやケールなどが挙げられますが、
ミドリムシはこれらの食品よりもビタミンをたくさん含んでいます。
例えば、ビタミンAやB、C、Eなどのビタミンが非常に豊富です。
また、必須アミノ酸のバランスを測る数値であるアミノ酸スコアにおいても、
クロレラをしのぐ高数値となっています。

 

この他に、新たに注目を集めているのは、
ミドリムシを積極的に摂取することにより、
DHAやEPAといった、n―3系多価不飽和脂肪酸が補えるということです。

 

一般的にDHAそしてEPAの主要な摂取源として挙げられるのは魚の脂です。
動物性脂肪はコレステロールの大敵ですが、
DHAやEPAは逆にコレステロールを下げると言われています。
しかし、現代の日本人は魚を食べず肉食に傾いていますので、
動物性脂肪に含まれる飽和脂肪酸は摂り過ぎになる反面、
不飽和脂肪酸は足りないという状況が発生しています。
人体の中では年を重ねていくにつれて少なくなっていきます。

 

では、次に、身体によいと言われるDHAやEPAの働きを見ていきましょう。

 

まずはDHAです。

 

中性脂肪を減らす働きがあります。

 

中性脂肪は、あらゆる生活習慣病の原因となると言われています。
中性脂肪が増加すると内臓脂肪が付きますが、
DHAを摂取することにより中性脂肪を抑え、作られにくくなり、肝臓で分解されるようになります。

 

アトピー性皮膚炎にも効果があります。

積極的にDHAを摂ると、アトピー性皮膚炎が良くなります。
実際にアトピーに悩む人たちに参加してもらって確かめたところ、
半数以上の方が改善したという結果が出ています。

 

目にも良いと言われています。

DHAは、視覚にも必要な栄養素です。
細胞を作る原料でもありますが、網膜や視神経が正常に働くために不可欠なものです。
十分なDHAを摂ることにより、目に入った像をしっかりと脳に伝えることができるようになり、視力アップに繋がります。

 

脳が生き生きと動くようになります

脳の働きには、神経細胞の量の多い少ないが関わっていることが知られています。
神経細胞すなわちシナプスは、脳の中で情報を伝達する役割を担っていますが、
シナプスが多いほど脳は活発に働きます。
DHAはシナプスを刺激して脳の働きを良くします。
集中して効率よく情報を処理できるようになるほか、認知症にも効果があるとされています。

 

子どもの脳にもDHAは重要です

 

ヒトの脳を形作る細胞は、DHAでできているものが多いことをご存知でしょうか?
そのため、脳が発達する子ども時代にDHAを十分に摂っておかないと、脳の発達が阻害されることがあります。
日本人は知能の高い民族であると言われますが、
その理由の一つとして魚を多食し、
DHAの摂取量が多いからであると海外の研究でも指摘されています。
さらに、妊娠中の女性もDHAを積極的に摂る必要があります。
なぜなら、胎児を健康に育てるために必要不可欠な栄養素だからです。
オーストラリアでは、妊婦が魚油を食べていた場合、
その子どもは視覚面や手の協調関係において
他の子供よりも発達が見られたという研究があります。

 

DHAは魚の脂に豊富に含まれていますが、
魚が体内でDHAを生成しているわけではありません。
DHAを作っているのはミドリムシなどの水中生物。
ミドリムシがプランクトンに食べられ、プランクトンが小魚に食べられ、
最後に小魚がマグロなどに食べられるという食物連鎖の関係にありますので、
大型の魚がDHAをたくさん含むということになるのです。
しかし、同時に、マグロなどの魚には、海中に溶け込んでいる有害な物質も蓄積されてしまいます。
そのため、妊娠中にはマグロなどを食べ過ぎない方が良いと言う方もいます。
ミドリムシなら、有害物質が蓄積する心配もなく、妊娠していても安心・安全にDHAを摂り入れることができます。

 

次に、EPAについてご説明します。

 

EPAは生活習慣病の予防につながると言われる
n―3系多価不飽和脂肪酸の一種で、その点においてはDHAと同じです。
EPAは、中性脂肪減少の力においてはDHAよりも優れています。
これに対して、コレステロール減少に関してはDHAの方が効果的です。
このように、同じ不飽和脂肪酸でも効果には違いがあります。

 

アレルギーを抑える働きがあります

アレルギーの症状を抑えるために、ビオチンという栄養素が重要であると言われています。
ビオチンはビタミンB群に含まれています。EPAを摂ることにより、ビオチンがより効果的に働きます。
さらに、EPAとγ―リノレン酸を合わせて摂取することにより、アレルギー症状を鎮静化します

 

生活習慣病対策になります

EPAは、コレステロール値を抑える働きがあります。
また、血液をキレイにしてくれるため血栓ができにくくなり、動脈硬化や脳卒中を防ぎます。

 

生理痛にも効果があります

生理痛が発生するメカニズムとしては、経血を外に出そうとして子宮が縮む時に痛みが発生することが分かっています。
子宮が縮むときにはプロスタグランジンという物質が活発になりますが、
EPAによってこの物質の働きが穏やかになり、生理痛を改善することができます。

 

>>おすすめのミドリムシサプリランキング<<

関連ページ

メタボリックシンドロームとユーグレナの関係
59種類の栄養素を含むユーグレナ・ミドリムシが人気ですが、気軽に摂れるおすすめのミドリムシサプリを比較ランキングにてみました。錠剤・錠剤・粉末タイプの緑汁など効果口コミ、お得なお試しキャンペーンなど最安値情報も満載です
便秘の悩みと原因について
59種類の栄養素を含むユーグレナ・ミドリムシが人気ですが、気軽に摂れるおすすめのミドリムシサプリを比較ランキングにてみました。錠剤・錠剤・粉末タイプの緑汁など効果口コミ、お得なお試しキャンペーンなど最安値情報も満載です
免疫力をアップする為の生活習慣とは?
59種類の栄養素を含むユーグレナ・ミドリムシが人気ですが、気軽に摂れるおすすめのミドリムシサプリを比較ランキングにてみました。錠剤・錠剤・粉末タイプの緑汁など効果口コミ、お得なお試しキャンペーンなど最安値情報も満載です
【正しい生活習慣】効果的な運動方法とは?
59種類の栄養素を含むユーグレナ・ミドリムシが人気ですが、気軽に摂れるおすすめのミドリムシサプリを比較ランキングにてみました。錠剤・錠剤・粉末タイプの緑汁など効果口コミ、お得なお試しキャンペーンなど最安値情報も満載です
脂質異常症が招く動脈硬化の危険
59種類の栄養素を含むユーグレナ・ミドリムシが人気ですが、気軽に摂れるおすすめのミドリムシサプリを比較ランキングにてみました。錠剤・錠剤・粉末タイプの緑汁など効果口コミ、お得なお試しキャンペーンなど最安値情報も満載です
酵素は生命活動の基本
59種類の栄養素を含むユーグレナ・ミドリムシが人気ですが、気軽に摂れるおすすめのミドリムシサプリを比較ランキングにてみました。錠剤・錠剤・粉末タイプの緑汁など効果口コミ、お得なお試しキャンペーンなど最安値情報も満載です
宿便があることのデメリットについて
59種類の栄養素を含むユーグレナ・ミドリムシが人気ですが、気軽に摂れるおすすめのミドリムシサプリを比較ランキングにてみました。錠剤・錠剤・粉末タイプの緑汁など効果口コミ、お得なお試しキャンペーンなど最安値情報も満載です
病気の原因となるのは大量に発生した活性酸素です
59種類の栄養素を含むユーグレナ・ミドリムシが人気ですが、気軽に摂れるおすすめのミドリムシサプリを比較ランキングにてみました。錠剤・錠剤・粉末タイプの緑汁など効果口コミ、お得なお試しキャンペーンなど最安値情報も満載です
美しく健康になれることで注目を集める、腸内フローラについて
59種類の栄養素を含むユーグレナ・ミドリムシが人気ですが、気軽に摂れるおすすめのミドリムシサプリを比較ランキングにてみました。錠剤・錠剤・粉末タイプの緑汁など効果口コミ、お得なお試しキャンペーンなど最安値情報も満載です
サプリメント難民を救うミドリムシ
59種類の栄養素を含むユーグレナ・ミドリムシが人気ですが、気軽に摂れるおすすめのミドリムシサプリを比較ランキングにてみました。錠剤・錠剤・粉末タイプの緑汁など効果口コミ、お得なお試しキャンペーンなど最安値情報も満載です
NASAも注目の未来の完全食
59種類の栄養素を含むユーグレナ・ミドリムシが人気ですが、気軽に摂れるおすすめのミドリムシサプリを比較ランキングにてみました。錠剤・錠剤・粉末タイプの緑汁など効果口コミ、お得なお試しキャンペーンなど最安値情報も満載です
体内の不要物を排出するパラミロン
59種類の栄養素を含むユーグレナ・ミドリムシが人気ですが、気軽に摂れるおすすめのミドリムシサプリを比較ランキングにてみました。錠剤・錠剤・粉末タイプの緑汁など効果口コミ、お得なお試しキャンペーンなど最安値情報も満載です