いま、多くのメディアで話題となっているミドリムシ。

ミドリムシの効果については、
毎日、多くのメディアで耳にしますが、
30マイクロメートルというのミドリムシの中に、
なんと、は野菜類に多く含まれる14種類のビタミン、
海藻や乳製品に多く含まれる9種類のミネラル、
肉や魚に多く含まれる18種類のアミノ酸、
青魚に多く含まれる11種類の不飽和脂肪酸、
キノコなどに多く含まれるβカロチンなど7種類
といった、合計59種といった実に多くの栄養素が含まれており、
これは日本食品分析センターにおける分析結果からも明らかになっています。

 

一般的に、栄養素全体はおよそ50種類といわれていますから、
このミドリムシがいかに多くの栄養素をま
んべんなく持っているかが
この分析結果から明らかになっています。

 

さて、私たちがよく耳にする、
栄養素は、私たちの体内での働き方によって
主にエネルギー源になる
「炭水化物・脂質・たんぱく質」の三大栄養素と
身体の機能調整役となる
「ビタミン・ミネラル」に大別されています。

 

この「炭水化物・脂質?たんぱく質・ビタミン・ミネラル」
の5種類が五大栄養素といわれ、
一般に知られていますが、
最近では、これに第6の栄養素としての「食物繊維」、
第7の栄養素としての「ファイトケミカル」
が位置づけられており、
これが近年、大きな注目を浴びてきているのです。

 

このような7つの栄養素は、
それぞれが単体で機能するのではなく
共同で作用することも知られています。

 

例えば、炭水化物の代謝から
エネルギーが作り出されるには
ビタミンB1が必要ですし、
エネルギー源として利用されるタンパク質は
筋肉や臓器などの体の構成要素にもなります。

 

このように体に取り込まれた栄養素は
効果的に機能するために分解や合成などを行っていますが、
この作用をである代謝が、
必要な栄養素を合成させたり、
不要になったものを分解して
排泄させたりして、体の機能を整えています。

 

さて、必要栄養素をすべて含む食品はないといわれてきましたし、
例えば、準完全食品といわれる卵や牛乳でさえ、
疲労回復や美容に効果があることで
知られているビタミンCを含有していないのです。

 

そのため、私たちはいろいろな食品を組み合わせて
様々な栄養素を吸収する必要があったのです。

 

ところが最近注目のミドリムシはビタミンCも多く含有しており、
含まれる栄養素はなんと59種類。
このようにミドリムシだけで、
私たちが生きていくために必要な栄養素がほとんど、
全てといっていいほど、バランスよく含まれているのです。

 

特にヒトの体内では作り出せないビタミン類や
必須アミノ酸なども含まれており、
日常の忙しい生活の中で他の食物が摂れない場合でも、
ミドリムシの栄養素さえ摂取していれば
心配がないという、驚くべき生物なのです。

 

このように、5憶年前から存在し、
多くの栄養素を持つミドリムシの性質が明らかなり、
その効果も多くの研究によって検証され、
学会をはじめ、日々、マスコミ等でも発表されています。
多くの研究者や科学者がミドリムシこそが
「地球を救う」「人類を救う」
と言っていることは決して過大評価でなはありません。

 

 

>>おすすめのミドリムシサプリランキング<<