ミドリムシには14タイプものビタミンが含まれる

ミドリムシ、正式にはユーグレナという学名が付いているのですが、実はミドリムシには豊富なビタミンが含まれているのをご存知でしょうか。
その数、何と14種類。
ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCとD、葉酸などです。

 

その含有量にも注目が集まります。

 

100gという単位でビタミン類を比較すると栄養価が高いと言われる
モロヘイヤやケールといったものよりもビタミン類の含有量は高いのです。
また、もう一つのミドリムシの特徴として、
人工的に作られたビタミンではない自然由来のビタミンであるため
健康を保つために効果的な働きをしてくれるのです。

 

では、実際に含まれるビタミンにはどんなものがあるのかをご紹介します。

 

 

 

 

ビタミンA

 

ビタミンAは、皮膚と粘膜を正常な状態とし、
視力や目の病気になるのを防いでくれる大切な栄養素です。
細胞を正しく分化させるといったことから、
子どもにとっては必要不可欠なものとなっており、
癌を防ぐとも言われています。

 

ビタミンAが多い食品

 

海藻、かぼちゃ、ニラ、ほうれん草、レバー
ウナギ、チーズ、卵、人参、モロヘイヤなど

 

 

ビタミンB1

 

エネルギーは炭水化物等の中に存在する糖質が
分解されることによって作られるものですが、
この時に必要となってくるのが、ビタミンB1です。
ビタミンB1には、脳にエネルギーを行き渡らせる作用もあり、
脳神経に異常が起きるのを防いでくれています。

 

ビタミンB1が多い食品

 

大豆、ゴマ、玄米、麦、豚ヒレ肉、ハム、
エノキ、マイタケ、ナッツ類など

 

ビタミンB2

 

ビタミンB2は、タンパク質、糖質、脂肪の3つの
重要な栄養素がエネルギーへと代えられる際の
サポート役を果たすものであり、
中でも脂肪を代謝することと大きく関係しています。
さらに、ビタミンB2には、死んだ細胞を生き返らせる、
新たに誕生させるといった働きをよくすることで成長度を高め、
粘膜、皮膚を保護するという役割もあるのです。

 

ビタミンB2を多く含む食品

 

うなぎ、卵、レバー、チーズ、サバ、アーモンド、
ナットウ、モロヘイヤなど

 

ビタミンB6

 

ビタミンB6には、100タイプ以上の酵素において
補酵素の役割を果たしており、
タンパク質を分解、合成するといった所謂代謝が行われる際に用いられるものです。
赤血球や神経伝達物質等の合成等、色々な場面で役割を果たしています。

 

ビタミンB6を多く含む食品

 

レバー、赤身のマグロ、サバ、鶏ささみ、
ピスタチオ、ゴマなど

 

 

ビタミンB12

 

ビタミンB12は補酵素として、赤血球が作られる際の
の合成のサポート役を担っています。
その他にも神経細胞の中の核酸、タンパク質の合成を促進させ、
神経系の働きを正常に保つ働きや、
近頃は、動脈硬化、アルツハイマーを防ぐ働きがあることからも
話題を集めている栄養素です。

 

ビタミンB12を多く含む食品

 

レバー、アサリ、シジミ、牡蠣、ハマグリ、チーズ、筋子、
ニシン、サンマ、海苔など

 

ビタミンC

 

コラーゲンの作られることと関係があり、
紫外線の侵入を防ぎ、鉄を吸収しやすくすると言われているのが、ビタミンCです。
細胞における結合組織と骨の中の細胞間質に
存在する成分であり、
コラーゲンの作られ方が不十分となると、
歯や軟骨、結合組織、毛細血管の働きが正常でなくなるとされています。
それ以外にもビタミンCの場合は
、酸化を防ぐ働きが強いという点から感染から身を守り、
悪玉コレステロールが酸化を防止する働きも持っているのです。

 

ビタミンCを多く含む食品

 

レモン、みかん、いちご、ブロッコリー、菜の花、
赤ピーマンなど緑黄食野菜

 

ビタミンD

 

ビタミンDには、カルシウムを吸収しやすくすることで、
骨の成長を促すという働きや、
血液内に含まれるカルシウム量をキープする作用も持っています。

 

ビタミンDを多く含む食品
煮干し、しらす干し、いくら、紅鮭、シイタケ、しめじ、きくらげなど

 

ビタミンE

 

細胞膜にあり、不飽和脂肪酸が酸素と結びつくことによって
過酸化脂肪が作られるのを防ぐ働きを持つのがビタミンEです。
ビタミンEにはそれ以外にも末梢血管を広げ、
血流を改善する作用も持っています。

 

ビタミンEを多く含む食品

 

穀物類、大豆油、イクラ、ウナギ、モロヘイヤ、
アーモンドなどナッツ類、かぼちゃなど

 

ビタミンK

 

ビタミンKは血を止めるビタミンと呼ばれることからも、
流出した血液を固める物質等にとっては欠かせないものとなっており、
内出血等が起きないのもビタミンKのおかげなのです。 さらに、骨を頑丈にする上でも必要不可欠な存在であり、
カルシウムと骨の付着をサポートしています。

 

ビタミンKを多く含む食品

 

納豆、鶏肉、ヨーグルト、チーズ、緑黄色野菜

 葉酸

 

胎児の成長、血液の製造という点では欠かせない成分で、
突如話題を集めているのがビタミンの一種である葉酸です。
遺伝子の情報を含むDNAが合成されることと関係があり、
新たな細胞の生成といった貴重な役目を果たしています。
新たな細胞の生成は胎児の成長には欠かせないものですので、
妊娠の疑いのある人、
或いは既に妊娠されている人は意識して摂ることが求められます。
その他葉酸の場合は、
新しい赤血球の生成においても不可欠なものとなっている為、
『造血のビタミン』と称されることもあるのです。

 

葉酸を多く含む食品

 

レバー、納豆、ひよこ豆、ブロッコリー、ほうれん草など緑黄色野菜

 

ナイアシン

 

ナイアシンは補酵素であり、炭水化物、タンパク質、脂質等の
代謝が起きる色々なシーンで作用し、
アルコールが代謝されることとも関係している物質です。

 

ナイアシンを多く含む食品

 

レバー、鶏ささみ、カツオ、マグロ、ピーナッツ、アーモンド、きのこなど

パンテトン

 

パンテトン酸の場合は、含まれている食品が多いことから足りなくなることはなく、
かつてはビタミンB5とも呼ばれていたこともある、ビタミンB群の一つです。
補酵素として全ての代謝と関係しており、
エネルギーの製造、ホルモンの合成にも欠かせない成分となっています。

 

パンテトン酸を多く含む食品

 

レバー、玄米、胚芽米、ナッツ類、卵、納豆、大豆類

ビオチン

 

ビオチンは、脂肪、タンパク質、炭水化物の代謝に関係しており、
皮膚の健康維持、アトピー性皮膚炎を良くするのではないか?とも言われています。
先ほどのパンテトン酸と同じく、不足することないビタミンの一つです。

ビオチンを多く含む食品

 

ナッツ類、大豆類、卵、キノコ類

いかがでしたでしょうか。

これらのビタミンがミドリムシには含有されているというのは驚きですね。
日々の健康を気にされている方は
「○○という栄養を摂るために、△△を食べるといいのか」
という風に勉強されている方も多いと思うのですが、
そんな煩わしさもミドリムシが一気に解消してくれるとなると、
世間から注目されるのも頷けますよね。
おすすめのミドリムシサプリはこちら